すべり症に効果的なリハビリとは

普段から運動をしない人や身体を全然使わない人にとってリハビリは大切なことです。

単に身体を治すためだけに行われるのがリハビリではなくて、病気の予防をするために運動をすることや普段から健康のために運動をすることもまた身体のリハビリになっています。最近は腰痛になっている人が多くて、そういう人にはこのリハビリは効果的な方法で、腰への負担をかけないように歩く人がクセになってしまって変な歩き方になっている人もいます。

そういう人は的確なリハビリをしなかったということもあって、身体が歪みやすい歩き方などをする人が多くて、これは骨折した人とかでもなりやすいです。そういうときに的確なリハビリをすることによって不日常生活を取り戻す人が多いのもまた事実です。

近年では腰痛になっている人が多くて、そういった人はどうしても身体の負担が腰に集中しています。そして、その疲労やストレス、筋肉などの問題によってじょじょに引き起こされるのがすべり症です。すべり症とは聞いたことがある人もいると思いますが、これも一種の腰痛で、腰椎がすべり落ちることで発症する病気です。

すべり症でも、リハビリは重要なもの。

最近はこの腰痛になっている人が多くて、その治療は安静にしている保存療法が的確ですが、再発する人も多いのがこの病気。それをしないためにもしっかりした腰を作ることが効果的なリハビリです。とくに特殊なことはなくて、治ってから階段を上り下りしたり、ウォーキングをしたり、プールに通ったりと腰のまわりを鍛えることが必要です。

しかし、極度の負担がかかると身体に良くないので、運動量も少しだけにして、少しずつ負担をかけていき鍛えるのが良いです。とくにプールは水の浮上する力があるので、腰の負担を減らしながら全身を鍛えることができるので有効なリハビリです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ