すべり症とヘルニアの違いって?

良く日本人の病気の一種として腰痛が挙げられます。

これは日本を代表する病気の一つでそれほど多くの人が悩まされている証拠でもあります。その腰痛にはいくつか種類があって、とくに違いがあるのがすべり症とヘルニアです。

ぎっくり腰とすべり症は原因が類似しているという点もあって同じくくりにされることがありますが、すべり症と椎間板ヘルニアは違うものなので、誤った認識をして治療を間違うことになってしまうと悪化させてしまうのでより正確な知識が求められます。

ヘルニアとすべり症の具体的な違いとは?

椎間板ヘルニアは腰の骨と骨の間にあるクッションの役割を果たすものが潰れて外に飛び出すことで発症するもので、この飛び出した椎間板が神経を圧迫することによって痛みを生じます。一方すべり症は腰椎と呼ばれるものがずれて発症することで、主に椎体と椎弓というものがあるのですが、その椎弓がすべり落ちる形でずれることによって生じます。このずれた腰椎が神経を圧迫してくるので時には激痛になるのです。

すべり症と椎間板ヘルニアには主にこの違いがあって、症状もすべり症の場合は慢性的な痛みから激痛まであることもありますし、椎間板ヘルニアは軽度のものから重度のものまであって、悪化すると運動麻痺になるということもあります。これが主にこの二つの病気の違いです。

しかしどちらも腰の負担になることが原因で発症する病気なので、腰への負担を少なくして、安静にしていくことが最優先となる病気です。

普段からよく腰を使う仕事をしている人や部活で腰に負担のかかることをしている人、今までずっと腰を使ってきた年配の人などは注意が必要で、とくに普段と違った行動をするときなどは腰の負担も大きくなりやすいので気を付けてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ