すべり症が発症する年齢って?

日常生活もうまく送れなくなることもある。

骨が滑ってずれてしまうことによって引き起こされるすべり症。

これは腰痛の一種で、正式名称は腰椎分離症とも言われ、文字通り腰の骨である腰椎がずれてしまうことによって神経を圧迫して痛みを伴う病気です。

これになってしまうと杖なしでは歩けないということになったり、そもそも歩くことができなくなったり、日常生活もうまく送れなくなることがあるので、しっかりした対策が必要です。

ではこのすべり症はどのような人たちがなるのでしょうか。

それは一番多いのが年配者です。

歳をとっていくにつれて身体が老朽化することは誰でも知っていますが、一番老朽化の影響を受けるのが骨と筋肉です。

そしてすべり症はその骨と筋肉が原因で引き起こされる病気なので、年配者に一番多いのです。

しかし、働き盛りの人も多いのが事実で、とくに激しい運動をしている人や重労働をしている人などは発症する恐れもあるので、安易に年配の人がなりやすいともいえないのが現状です。

発症にはそれなりの理由がある。

年配の人に多いというのにも理由があって、先ほど述べた身体の老朽化ということもあるのですが、長年の腰の負担が蓄積して発症することもあります。

腰は建物の鉄骨と同じように年数がたつごとに負担が蓄積されていきます。

それが徐々にズレや歪みを引き起こすのです。

その結果腰の腰椎がずれてしまうということになります。

それが主なすべり症の原因ともなるので、腰に負担のかかることをしている人は極力そういったことは避けることが先決となります。

また、若いときに肉体労働をしていた人が、そのまま生活を続けていて、腰へのダメージが多くなっている人も、また発症の危険性がとても高まることもありますので、年配の人で肉体労働をしていた人は特に注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ